重力から解放されたような情景に惹かれます。

 

浮遊感のあるモチーフや現実味を欠いた世界をよく描くのは、そのせいかもしれません。

 

過去の記憶、夢の世界といった「ここではないどこか」を切望する気持ちは現実逃避願望ともいえるでしょう。

 

しかし、身体は現実の世界から離れることはできません。

 

過去と未来、夢と現実を行き来しながら、どうしても「いま」「ここ」に生きなければならないという葛藤は、きっと多くの人が感じたことがあるのではないでしょうか。

 

そんな苦悩を抱きながらも現実に生きなければならない私の、そして鑑賞者の、不安や孤独感、悲しみや痛みを作品という形にすることで昇華させられることを望み、制作しています。

 

 

 

牧田 紗季 Saki MAKITA

 

1990年 鹿児島県出身

 

2013年 京都精華大学 芸術学部 造形学科 日本画コース 卒業

 

2015年 多摩美術大学大学院 修士課程 絵画専攻 日本画領域 修了

 


[展示歴]

 

-個展- 

2020年

こころの奥には何がある」(s+arts/東京)

 

2016年

つめたいまどろみ」(画廊Zaroff/東京)

 

2015年

白昼夢と投身」(アートスペース88/東京)

耳鳴りの間(東京)」(ギャラリー椿/東京)

耳鳴りの間(大阪)」(アートスペース亜蛮人/大阪)

 

...................

 

-グループ展- 

2021年

「いい芽ふくら芽 in Tokyo 入選者展」(松坂屋上野店)

「いい芽ふくら芽りた〜んず」(松坂屋上野店)

「かさなる波紋」三毛あんり・牧田紗季2人展(s+arts/東京)

 

2020年

「KENZAN2020」(web展示)

「ニュースターアートコレクション」(松坂屋名古屋店)

「山本冬彦が選ぶ若手作家小品展Ⅵ」(枝香庵/東京)

「アートのチカラ」(伊勢丹新宿店)

 

2019年

「思い思いのプロフィール」(artTruth/神奈川)

「KENZAN2019」(新宿パークタワー/東京)

「素材と内面」(s+arts/東京)

 

2018年

「式日」いしかわゆか、Rieko Honma、牧田紗季 3人展(ギャラリー子の星/東京)

「Roppongi α Art Week」(Shonandai gallery /東京)

 

2017年

「わたしのなかの少女が永遠を奏でる」(Silent music/ 東京)

「羅針盤セレクション」(アートスペース羅針盤/東京)

「梅田0号展」(芝田町画廊/大阪)

 

2016年

「spring show」(ギャラリー椿/東京)

「瞳の中の迷宮」(アトリエ空白/大阪)

 

2015年

Rieko Honma Photo Exhibition「Sink Into The Dream」ゲスト展示(ギャラリーNIW/東京)

 

2014年

「Octet 2014 多摩美術大学大学院 日本画専攻 2年生展」(佐藤美術館/東京)

「欲望少女」(デザインフェスタギャラリー/東京)

「狂気乱舞」(アートコンプレックスセンター/東京)

「幻想浪漫展 春宵ファンタスマゴリア」(アートスペース亜蛮人/大阪)

 

2013年

「2013亜蛮人年末展」(アートスペース亜蛮人/大阪)

HOTサンダルプロジェクト「2013未来の収穫祭」(丸亀市生涯学習センター/香川)

「第2回芝田町画廊公募展」(芝田町画廊/大阪)

「2013ユニグラバス小品展」(ギャラリーUG/東京)

家門笙子、牧田紗季2人展「儚路展」(ぎおんギャラリー八坂/京都)

 

2012年

「第1回芝田町画廊公募展」(芝田町画廊/大阪)

「2012亜蛮人年末展」(アートスペース亜蛮人/大阪)


[受賞歴]

ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽 in Tokyo 2021」入選

「第13回福知山市佐藤太清賞公募美術展」入選

「第25回臥龍桜日本画大賞展」入選


[掲載歴]

「美術の窓」2016年6月号『新人大図鑑』-編集部が選ぶ注目の新人63-

「詩とファンタジー」36号『詩とイラストレーション』

「未明02」アートとポエジィを連絡する叢書